ハイツ都筑事業所

■施設名
 ハイツ都筑事業所

■施設種別
 障害者グループホーム・ケアホーム

■住所・電話・FAX・メール・ホームページ
 住所:〒224−0062 横浜市都筑区葛が谷14-7 クレール関301〜303
 TEL:045-943-1110  FAX:045-943-1110
 メール:ky33ah@bma.biglobe.ne.jp
 ホームページ:
 
■施設周辺地図
 こちらをクリックすると地図が開きます

■開所年月日 平成6年8月1日

■どんな方が通っているか
 精神障害者の方々の住まい

■開所までの経緯
 精神障害者の「一人ぼっちをなくそう」を合言葉に結成された市民団体『ピネル友の会』の一事業所として、精神に障害を持つ人達が仲間とのグループ生活を通じて自立生活を実現し、社会活動に参加していくことを目的として開所しました。そのために地域に生活の場を求め、住まいを提供しています。

■こんな思いで活動しています
 社会の一員として、自立し、自分らしさを生かし社会参加ができて行けるよう、グループホームの生活の中から人間関係を学び、自立生活に必要な事柄を身に着け、又日中活動においても、地域活動支援センター、生活支援センター等の活用を通し生活の場を広めてゆく。

■活動内容
 利用者の方々の住まいです。24時間365日、見守りをさせていただいています。

ひらめき 安らぎの場所の提供

ひらめき 日常生活における相談、アドバイス、トラブルの調整

ひらめき 食事の提供(朝食、夕食)

ひらめき 健康管理(服薬管理、通院の引率、主治医、担当ワーカー等の連携、保健師による保健衛生講習会)

ひらめき 生活管理(規則正しい生活ができるよう、日中活動に向け担当ワーカー、地域活動支援センターの職員等の連携)

ひらめき 日常経費の管理(あんしんセンターの活用など)

ひらめき 生活支援(緊急時の対応の為防災訓練、防災拠点への防災訓練への参加・家族との連携等)

ひらめき 入居者の和を保つためのイベント実施(誕生日会、食事会、法人企画の、一泊旅行、バスハイク、クリスマス会等)

■皆さまへのメッセージ
 障害の理解をしていただきたく、当ホームでは開かれたホームとしてお問い合わせあれば、ホームの見学、実習、メンバーさん方と食事をし、お話しすることはさせてもらってきていました。メンバーの方々もお会いした方々のお話を楽しく聞かせていただけ、自分とは違ったいろいろな経験話の中から学ぶことができ良かったようです。


タグ:施設 精神
posted by 都筑区社会福祉協議会・障害福祉分科会 | 施設:精神

都筑ピネル

■施設名
 都筑ピネル

■施設種別
 地域活動支援センター 精神障害者地域作業所型

■住所・電話・FAX・メール・ホームページ
 住所:〒224−0066 横浜市都筑区見花山3-47
 TEL:045-943-1164  FAX:045-943-1164
 メール:tsuzukipinel@ybb.ne.jp
 ホームページ:http://ameblo.jp/tsuzukipinel/

■施設周辺地図
こちらをクリックすると地図が開きます

■開所年月日 平成6年4月

■どんな方が通っているか
 精神障害者

■開所までの経緯
 都筑ピネルはNPO法人ピネル友の会という法人の一事業所です。法人本部は緑区の中山にあり、作業所3ヶ所・グループホーム1ヶ所の4事業所があります。
 平成3年頃、精神科医であった故池田先生が「当時の精神病患者は行き場所もなく家に引きこもっているか精神病院に隔離されているかをしていて友達はもちろん相談相手もいなくひとりぼっちでいる。精神障害者の人達が気楽に集まれる場所を作ろう」という意志のもと、「ひとりぼっちをなくそう」をスローガンに中山に1ヶ所目となる作業所を作り、活動をはじめたのがきっかけで現在に至ります。
 また「ピネル」という名称は、フランス革命当時、手枷・足枷して鎖でつながれていた精神病患者の処遇を唱え、自らの生命をかけて彼等を鉄の鎖から解き放った精神医学者フィリップ・ピネル氏に由来しています。

■こんな思いで活動しています
 利用者の方が病気を理由にあきらめてしまうことを無くして行きたいと思いながら日々活動しています。
 精神病は他の障害とは異なり、勘違いされやすい・差別的に見られてしまうことが多いので、「本当はそうではないんだよ」ということを地域の方に知っていただけたらと思っています。
 精神障害者の方は社会の中での生きづらさを抱えている方が多いです。その生きづらさを地域の中に入ることで少しでも軽減できたら幸いです。

■活動内容
 都筑ピネルは色々なプログラムがあります。自主製品作りはもちろん、スポーツではソフトボール、ヨガ、バッティングセンター、ボウリングがあります。文化的活動では絵画、書道、手話がありカラオケもあります。演芸もやっていて、夏にはゴーヤやピーマンなどを育てみんなで食べたりもします。

ひらめき 昼食は毎日提供しており値段は200円〜300円です。

ひらめき 月に1度散策でみんなで少し遠出をしたり、春先と秋頃にはバスハイクと一泊旅行に行っています。

ひらめき 自主製品作りは革細工をはじめアクリルたわし作りや小物など作っています。

活動は平日9:00〜17:00までで土日祝日は閉所しています。都筑ピネルのブログを見ていただけたら、普段の活動のことが少し見えるかもしれませんので良ければご覧になってみてください。

■今までに受注した作業
るんるん パンフレット封入作業(区外企業、NPO法人より)
るんるん 郵便用チラシ宛名シール・メール便シール貼り作業(区内企業より)
るんるん 木工積み木の色塗り作業(区外企業より)
るんるん 清掃業務(区内・区外福祉施設より)

■皆さまへのメッセージ
 地域の皆さまには、都筑ピネルを知っていただきながら精神障害のことを少しでも理解していただけたらと思っています。
 また、都筑ピネルでは自主製品を置いていただけるお店を探しております。小規模で構いませんので、もしご協力をいただけるならぜひご連絡をよろしくお願いいたします。その他では封入作業、清掃業務のお仕事を募集しております。
 地域の皆さまの見学等はいつでも受け付けておりますのでぜひ遊びに来てください。



タグ:施設 精神
posted by 都筑区社会福祉協議会・障害福祉分科会 | Comment(0) | 施設:精神

ビオ茅ヶ崎

■施設名
 ビオ茅ヶ崎

■施設種別
 障害者グループホーム・ケアホーム

■住所・電話・FAX・メール・ホームページ
 住所:〒224−0033 横浜市都筑区茅ヶ崎東
 TEL:(非公開)   FAX:(非公開)
 ホームページ:http://www.tuduki.jp/

■開所年月日 平成20年5月1日

■どんな方が通っているか
 精神障害

■開所までの経緯
 都筑ハーベストの会では、まずは日中活動の場として作業所を立ち上げましたが、当事者の皆さんが地域で暮らしていける住まいが欲しいと多くの声が寄せられ、平成19年3月1日にグループホーム「テラ都筑」を設立。引き続き平成20年5月1日に2館目のグループホーム「ビオ茅ヶ崎」を設立しました。

■こんな思いで活動しています
 入居者一人ひとりの思いを大切にし、ほっとできる住まいを目指しています。一人暮らしを目指す方、ずっとグループホームで暮らし続けたい方等暮らし方は様々ですが、その方に寄り添った支援を心がけています。


■皆さまへのメッセージ
 「都筑ハーベストの会」のホームページをご覧ください。グループホーム内の様子が写真でアップされています。


タグ:施設 精神
posted by 都筑区社会福祉協議会・障害福祉分科会 | Comment(0) | 施設:精神
この記事へのトラックバックURL
ERROR: NOT PERMITED METHOD: tb_url
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック